雨漏り修理費用の目安

subpage-img

雨漏りトラブルが起きてしまった際には、早めに修理を行ない、室内への影響を防ぐことが重要です。

家や家具は湿気によって傷みやすいため、放置してしまうと被害がひろまり、余計に補修費用がかかってしまうかもしれません。


雨漏り修理費用は、雨漏りが起きてしまった原因によって、大きく差があります。



屋根の一部が破損したなどの場合は、数万円ですみますが、屋根全体が劣化しているような状態ですと、数十万円かかる場合もあります。
雨漏り修理費用を安く抑えるためには、雨漏りに気がついたらすぐに、修理を行い、屋根全体に被害が広まらないようにすることが大切です。



また、台風や強風などの被害によって屋根が破損した場合には、火災保険の風災補償が適用され、修繕費用を保険でまかなえる場合があります。


この場合も、被害があってから長期間経過してしまうと、風災補償の適用外になってしまうため、トラブルがあったらすぐに、修理を依頼することが大切です。


火災保険の風災補償は、経年劣化による雨漏りには適用されませんが、原因を自分で特定するのは、難しいといわれています。



古い家なので経年劣化にちがいないなど、自己判断してしまうと、損をしてしまうかもしれません。
一見経年劣化が原因に見えても、台風などの影響が大きい場合もありますので、専門家に判断してもらった方が、安心でしょう。


火災保険の風災補償が適用になれば、雨漏り修理費用の全額を支払ってもらえるケースもありますので、不要な支出を抑えるためにも、まずは確認が必要です。

top